ダイヤモンドの4Cじゃダイヤモンドを決められません。

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

今日は少し暖かい延岡です。

天気予報も雨が降るとのことでしたが、

まだ持ちこたえているようです。

今日はクリスマスの飾り付けをしました。

この飾り付けの商品も、

年々進化しているように感じます。

 

 

さて。

ダイヤモンドという宝石は、

婚約指輪には欠かせないですよね。

そのダイヤモンドですが、

簡単に選べたら誰も苦労しませんよね(笑)

 

 

 

 

一生に一度しかしないプロポーズ。

そんな大事な場面に持って行く婚約指輪。

適当に選んでなんかいられないですよね?

ダイヤモンドの4Cにこだわって

ダイヤモンドを選ぶ人

 

 

が多いと思います。

今はネットにもダイヤモンドの4Cの情報が

山のように溢れています。

 

 

でも、せっかく選ぶなら

キレイなダイヤモンドを選びたくないですか?

・・・なんて言うと、

4Cで選ぶとキレイなダイヤモンドが

キレイじゃないみたいに聞こえますね(笑)

 

でも、間違いでもありません。

 

 

ダイヤモンドって、

4Cの基準だけで簡単に選べるような、

そんな宝石じゃないんですね。

だって、プロポーズを考える前に

ダイヤモンドなんて気にしたことなかったでしょ?

ジュエリーをプレゼントしようと考えた時も。

留まっているダイヤモンドや宝石が

きれいだったそれで良いって感じでしたよね?

 

「ダイヤの4Cを調べたし、大体のことは分かる。」

 

 

なんて思っていたら間違いですよ!

そんなんで知ることができたら、

宝石屋のスタッフなんて必要ないですから(笑)

 

ネットでちょっと調べた位で、

ダイヤモンドのことは分かりません。。。

 

 

 

実際に4Cを調べて来た方も、

ダイヤモンドを選ぶときには、

全く役立っていないのが事実です。。。

 

 

じゃあ、ダイヤモンドはどうやったら選べるのか。

それは、

 

 

プロに聞くこと

 

 

です。

ただ、プロと称してダイヤモンドの4Cを、

一生懸命に話している人もいますが、

そんなの宝石店の人だったら話せて当たり前です(笑)

ちょっと調べたら誰でも分かることですので・・・。

 

 

ダイヤモンドを選ぶ時には、

もっとも重要な要素があります。

 

 

その重要な要素を教えてくれる宝石店は、

少なくもないですが、多くもないです。

本当にキレイなダイヤモンドを選びたい方、

4Cが全てだと思い込んでいる方、

ぜひジュエルミキまでご来店くださいね!

 

 

ジュエルミキ推奨のCOLANY公式サイトはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら