ピンクダイヤってなに??②

世界中の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

車を当て逃げされました。

そんなに大きな傷ではないのですが、

フロントのバンパーなので、

塗装が剥がれてしまって、すごく目立ちます・・・。

ですので、今日は機嫌が悪いです(笑)

 

 

さて。

今日は、気になっている方も多い、

ピンクダイヤについてお話しします。

 

 

 

 

そもそも、ピンクダイヤには、

前回のブログにも書きましたが、

 

 

天然のピンク

 

 

 

 

人為的なピンク

 

 

があります。

 

 

延岡 日向 結婚指輪 婚約指輪 

 

 

では、天然のピンクダイヤは、

どこで採掘されるのでしょうか?

 

 

 

 

流通している天然ピンクダイヤの約9割は、

ここ、オーストラリアの北西部のキンバリー地方にある、

世界でも最大級のアーガイル鉱山で採掘されています。

天然ピンクダイヤのほとんどが、

アーガイル鉱山産だと考えても間違いではありません。

 

 

9割とは言っても、その産出量は非常に少なく、

アーガイル鉱山で産出される全ダイヤモンドの総量が、

年間1000万カラット(約2トン)

ある中で、天然のピンクダイヤは、

0.1%ほどしか含まれていません。

ピンクダイヤは1万カラット(約2千グラム)

しかないんですね。

とても希少なんですよー!

 

 

他の1割の鉱山でも、

ピンクダイヤは採掘できるのですが、

アーガイル鉱山のピンクダイヤは特別にキレイで、

深みのある、鮮やかなピンク色をしています。

その色は

 

 

アーガイルピンク

 

 

と呼ばれ、多くのセレブや、

ジュエリー業界の人たちを魅了しています。

 

 

ただ、残念なことに、

この奇跡のピンクダイヤを産出しているアーガイル鉱山も、

2020年に採掘を終了すると言われています。

世界中からピンクダイヤの産出量が一気に減るということになります。

そうなると、ピンクダイヤの価値も今以上に高くなることになりますね!

 

 

ピンクダイヤの供給も少しずつ難しくなってきています。

ピンクダイヤをお探しの方は、

お早めにお申し付けくださいねー!
 

写真をクリックすると、お客様の声へリンクします。

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら