Site Overlay

延岡市民の憩いの場所、愛宕山・・・拓郎より

こんにちは。
「延岡市民なら絶対に1度は登った事がある」
と言っても過言ではない、愛宕山。
その愛宕山の展望台が、ジャスコ西側店の出入り口から出て
右手に見えるんですね。
ふと見てみたら、なんかキレイだったので、
今日は写真に収めてみました。

ちょっと霞んでますが。。。
写真の左側に写ってるのはジャスコです。


延岡の愛宕山もナメたもんじゃないですよ!!
「日本夜景遺産 自然夜景遺産」
なるものに認定されているようです!
これをインターネットで知った僕は、
「すげぇ。。。この展望台はもっと賞賛しなければならない」
という思いに駆られ、
展望台を無駄にズームアップして、
プルプル震える手ブレと戦いながらの撮影を試みました。
手ブレを極力おさえられるように、
気持ちは「三脚には負けないぞ」という勢いで
デジカメを両手でガッチリ固定。
「あん人、何しちょっちゃろうか???」
という、ジャスコで夕飯の買い物を済ませたおばちゃん達の
その冷たい視線にも動じない鉄のハート。
狙った獲物は見逃さない、野生で言えばトラのような眼差し。
ベストショットが訪れるまで
時が満ちるのを虎視眈々と待つ。
ピントがズレるのは承知の上で撮影した渾身の1枚です。

僕、やりました。
デジカメでズームアップしてみると、
展望台に人がいたら分かりそうなくらい、
想像以上にアップできました(笑)
愛宕山は、
展望台の敷地に「鍵かけオブジェ」や「光の小道」などが設置されています。
展望台の手摺の柵に恋人達が鍵をかけるようになり、
「恋愛の名所」つくりをしたいと
「ひむかラブラブプロジェクト事業」
を立ち上げました。
この「ひむかラブラブプロジェクト」は延岡市の「愛宕山」、
日向市の「クルスの海」、美郷町の「恋人の丘」にそれぞれ
「出逢う」、「願いが叶う」、「結ばれる」といった神話や言い伝えが残っていることから、
この3ヶ所を巡ることで恋愛成就を祈願するものです。
完成したハート型のモニュメントはステンレス製で高さが3mあります。
最上部に木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)と瓊々杵尊(ニニギノミコト)が向かい合い、
手を取り合い、愛しい眼差しでお互いを見つめ合っています。
恋人達の願いを叶える主祭神みたいです。
一人でも楽しめる、友達とでも、恋人とでも、家族とでも楽しめます♪
ではでは~ ペイっす(-_-)ノシ

Copyright © 2020 TAKURO BLOG. All Rights Reserved.