Site Overlay

にわかせんぺい・・・拓郎より

こんにちは。
「東雲堂のにわかせんぺい」
って知ってますか??
独特な形のせんぺいです。
DSCN8704.jpg

こんな形。
博多のお土産で有名なものの1つですね(*^^)v
僕、コレが大好きなんですよ(>_<)
ほんのり甘いのがたまりません。


そうそう。
せんべい
じゃなくて、
せんぺい
ですからね!
ココは拘っていきますよ(笑)
ちなみに、商品名は正式には、
「二〇加煎餅」(←コレで、にわかせんぺいって読みます)
です。
二〇加の由来は、
博多仁和加の起源は、約300年前の寛永年間。
藩侯黒田忠之公の頃といわれています。
博多の物好き連中がお盆の夜に集まり、提灯の両縁を取ったものを頭から被り、
目の部分だけ開けて往来をそぞろ歩いたとか。
人に出逢えば口から出まかせの軽口や謎の問題をしかけ、
人々を笑わせる。それが何時しか「仁和加」というようになったのです。
藩主からも認められていた博多仁和加は、さらに劇として巧みに演じられ、
落ちをつけることで一層興趣が加わります。
人々の創意工夫は半面にまで及び、
今では博多弁丸出しの郷土演芸として広く親しまれています。
※参照は「にわかせんぺい本舗 株式会社 東雲堂」のホームページからです。
歴史を背負っているお菓子なんですね!
そして!
二〇加煎餅を買うと もれなく、
仁和加のお面が付いてきます!!
せんぺいとおなじデザインです!!
コレは・・・。
必ず装着しなくては。。。
ココで装着しなかったら男の名が廃る。
よし。
SANY0533.JPG
装着。
違和感が全く無い(笑)
これで仕事しようかな。
ではでは~ ペイっす(-_-)ノシ

Copyright © 2020 TAKURO BLOG. All Rights Reserved.