結婚指輪の始まり

こんばんは!

今日は結婚指輪の始まりについて話をします。

まず、結婚指輪も今では華やかなデザインが多くなってきましたが、

結婚指輪の始まりは9世紀のローマが始まりと言われています。

結婚指輪をはじめて結婚の証拠としたのは、

9世紀のローマ教皇ニコラウス1世。それからずっと現在に至るまで、世界中でこの習慣が伝わり続けています。

1027年には、花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に鉄の指輪を交換しています。

ミュール『ローマの結婚指輪の起源』との記録が残っています。

13世紀にはヨーロッパ各地で結婚指輪を交換する風習が一般化されます。

そのころ制作された結婚に関する木版画や法律書の挿絵では、

くっきりと、結婚指輪を交換するシーンが描かれているのが象徴的です。

 

結婚指輪は金と鉄だったんですね!

金は昔から珍重されてきた金属です。

自分の大切な相手に渡す、深い意味のこもった指輪なので、

男からの愛が込められた指輪となるんです。

こう考えると結婚指輪も婚約指輪も、

男性が女性に対して愛をこめて贈る指輪となりますね!

そして、その思いに対する答えとして、

女性は婚約指輪を受け取り、結婚指輪の交換をするんですよー。

世の中の結婚を考えている男性たち!

肚をくくらないといけませんねー!汗

頑張れ!

俺も他人事じゃないけど・・・(笑)

 

 

 

 

☆オリジナルブランドKIZUNA(キズナ)

☆ダイヤモンド専門ギャラリー

☆宮崎県延岡市唯一の正規取扱店/ブリリアンスタッチ COLANY(コラニー)  オーダーメイドジュエリー KATSUKI(カツキ)

☆延岡市唯一のダイヤモンド専門店

 

blanca(ブランカ)延岡店 ジュエルミキ イオン西側店

http://blanca-nobeoka.com//

Open:10:30~Close:19:00

定休日:水曜日

〒882-0845 宮崎県延岡市安賀多町4丁目2-4

TEL:0982-33-7532

ブランカのFacebookも盛り上がっています!ぜひ「いいね!」をお願いします。