Site Overlay

真珠の勉強会!真珠は大人女性の必需品です。

皆さんこんにちは。

今日はジュエルミキでは「真珠のお勉強会」。

 

真珠の勉強会

 

真珠って、結構奥が深いんですよ。

 

今日は、「なぜ真珠が必要か」について触れたいと思います。

 

 

女性の厄年(大きな災いに見舞われるとされている年齢のことを厄年といいます。)、つまり19歳、この歳を迎えたら病気や事故などを警戒したり、神社で厄払いをしてもらうほか、厄除けのものを身につけると良いとされ、「長いもの」、「鱗柄もの」、「虹色のもの」が最適とされています。

 

加えて、今後大人になるにつれて何かと出番が多くなる真珠。

 

 

ですから、この真珠が厄除けの贈り物に最適と言われています。

 

 

では、そのような「厄除けのお守り」としての真珠ですが、今後大人につれて必要となるシーンとはどういう時があるでしょうか?

 

 

その前に、真珠(パール)という宝石に込められた意味には、
 
 

「健康・無垢・長寿・富・純潔・円満・完成」

などがあります。

 

 

 

■愛情の象徴

 

好きな人とを引き寄せあい、愛し合うというような意味合いを持ち、大切な家族や友人、仲間など身内に対する愛情の象徴です。

パールのネックレスは、切れ目なく円を描くその形から、縁を結ぶとされ、多くの人に愛されてきたのです。

 

 

 

■涙の象徴

 

パールは「月の涙」や「涙の象徴」ともいわれています。そのためか、ある国の女王が葬儀の際にパールを着用し、上流階級の婦人たちもそれにならったのがきっかけとなり、パールがポピュラーになったのだといわれています。

「涙の象徴」とされるパールを身に着けることは、故人や遺族への敬意の現れにもなるといえるでしょう。

 

 

 

■強い守護力

 

パールは、邪気をはらって持ち主を守るともいわれ、強い守護力があります。昔から船乗りや漁師など、海難事故にあわないようにお守りとして重宝されていました。

弔事・葬儀にブラックパールが一般的に利用されるのも、お守りとしての意味合いもあるのかもしれません。

 

 

続きは社長のブログに!
 

こちらからどうぞ!(クリックしてください)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2020 TAKURO BLOG. All Rights Reserved.