結婚指輪ってみんなお揃い(同じデザイン)で買ってますか?

お揃いの指輪=全く同じデザインの指輪

 

 

ということで考えると、

指輪をお求めになられる皆さんが

お揃いの指輪にされていません。

 

なぜならば・・・

 

ヒイラギ

 

 

 

男性と女性とでは、

指の太さが違うからです。

 

 

仮に彼女の指にぴったりの太さだと、

彼には華奢すぎます。

もしくはその逆、彼の指にぴったりの太さだと、

彼女には太すぎます。

もちろん、同じくらいの指の太さであれば

一緒でも構いませんが。。。

 

また、手の色も違います。

彼の手は日焼けして黒い、彼女の手は真っ白。

また、てがゴツゴツしている彼、関節が張っている彼。

とても華奢な彼女・・・。

 

 

本当にバラバラです。

 

 

ですから、必ずしも同じにする必要はありません。

 

 

婚約指輪

 

彼の手が黒い、太いですよね。

 

 

 

素敵なお二人

 

彼の手が太いです。

 

 

 

 

 

マリッジリング

 

彼女の指がとても長いです。

 

このように、皆さん違います。

 

 

 

男性の指に似合う指輪、

女性の指に似合う指輪はそれぞれ違います。

男性の指に似合う指輪を女性が着けても、

反対に、女性に似合う指輪を男性が着けても、

見た目に違和感があるケースがほとんどです。

 

私たちは、

 

 

男性は男性に似合う

 

女性は女性に似合う

 

 

そんな指輪を選ぶことが大事だと考えています。

(必然的にそうなりますから)

 

 

では、どうやってペア感を出すか??

 

 

例えば、見た目が違う指輪でも、

指輪に込められた想い、内面に刻む誓いをもって

「お揃い」とされると、

より一層、指輪に愛着が持てると思います。

 

あ!!

 

でも、決して「内面留め」はやらないように!

内側に誕生石などをお勧めするお店が多々ありますが、

それは危険です。

 

耐久性が落ちますからね!