宝石には全て鑑定書が付いているの?鑑定書と鑑別書の違いを教えてください。鑑別書のある宝石は全て高品質なの??

鑑定書は別名

 

「ダイヤモンドグレーディングレポート」

 

と言い、ダイヤモンドの品質基準

4C(カラー、クラリティ、カット、カラット)

の評価、ダイヤモンドのサイズ、蛍光性、カットの詳細

を記したものです。ですから、

 

鑑定書とは、ダイヤモンドにしかありません。

宝石すべてにはありません。

宝石すべてにあるのは「鑑別書」です。

 

ダイヤモンド鑑定書

<これがダイヤモンド鑑定書です>

 

鑑別書とは・・・

 

 

では、鑑別書とは何か?

鑑別書とは、分かりやすく言うと

 

この石は何なのか?を示したもの

 

と言えます。

つまりこの石(宝石)が

 

何の鉱物なのか?

何と言う宝石なのか?

その根拠は?

どういう処理を施しているのか?

 

などが記載されているものです。

 

kanbetsuhisui01

<こちらが「鑑別書」です>

 

ですから皆さんご存知の宝石、例えばルビーやエメラルドや真珠といった宝石すべてに存在します。もちろんダイヤモンドにも存在します。

 

ダイヤモンドを例にとると、

 

この白い透明な石(宝石)が何なのか?を知るには

 

鑑別書

 

 

これがダイヤモンドとわかった。

ではどの程度のダイヤモンドなのか?を知るには

 

鑑定書

 

 

というわけです。

 

ダイヤモンド以外は、この「どの程度の宝石なのか?」の鑑定書が存在しません。だからこそ宝石の中でダイヤモンド以外の宝石を購入するときは、宝石の審美眼を持ったプロのジュエラーから購入することが大切です。

 

 

鑑別書があるからといって安心してはいけません!

 

なぜか?

 

その鑑別書は単なる「なんという宝石か」を証明しているだけで、品質の良し悪しや評価は何も記されていませんから。

 

そもそも、ダイヤモンド以外の宝石で「品質を記している」証書は存在しませんから。

 

 

ですから

 

「この宝石は鑑別書がついているから高品質です!」

「この宝石は鑑別書がついているから安心です!」

「この宝石は鑑別書がついているから高いんです!」

 

という販売員、販売店は要注意です。

絶対にそんなことありませんから。

鑑別書はその辺に落ちている石ころだって取れますから。

お金を出せば誰だって取れますから。

逆に言えば、粗悪品を鑑別書とって高級品と言えるわけですから。

 

 

ジュエリーはやっぱり信用信頼が第一です。

きちんとしたポリシーを持っている宝石店。

きちんと審美眼を持っている宝石店。

から詳しく話を聞いてから、購入してください。

 

 

ちなみに「保証書」とは、単なる

購入店舗が発行する証書です。

「ギャランティー」とも言います。

何を保証しているのか、きちんと見る必要があります。

 

この商品はこれです!という商品の保証なのか。

アフターメンテナンスをやります!という保証なのか。

購入店舗だけを明記したものなのか。

 

 

何かこれらの類のものが付いているからといって

安易に安心しないほうが賢明です。

高額な商品だからこそ、きちんとしたお店から

購入されることを願っております。

 

 

 

宝石、ジュエリーは、

きちんと審美眼を持った、知識を持った

ジュエリー専門店で購入されることをオススメします。