大分、延岡で結婚指輪をお探しの方にアドバイス!ピンクゴールドはブライダルリングとしては絶対にお勧めしません。

ピンクゴールドの指輪って可愛いですよね!

若くて華奢な手にm細身のピンクゴールドリングは

とても似合います。

 

しかしながら、ブライダルリングという条件が

付けば話は別です。

婚約指輪や結婚指輪を「一生モノ」として考えている

ジュエルミキでは、

ブライダルリングとしてピンクゴールドの指輪は

お勧めしていません。

 

理由は、

 

絶対に変色するからです!!!

 

26a500a85eb2af05e667fad364b5ddf08e14a686_m

 

 

一般的に使われている18金という素材を例に話すと、

ジュエリーに最も多く使用されている、18金イエローゴールドは、

75%の金に対し、12.5%ずつ、銀と銅を混ぜて作っています。

この金以外の混ぜ物を割金(わりがね)と言います。

 

 

18金イエローゴールドは、

非常に加工しやすく安定した素材です。

 

 

余談ですが、通常は貴金属の純度は百分率ではなく千分率を使います。

今回は分かりやすくパーセンテージで書きますね。

 

 

話を戻します。

 

 

18金イエローゴールドに対し18金ピンクゴールドは、

75%の金に対し、17.5%以上の銅と、

パラジウムを混ぜ込むことで

ピンクゴールドと言われる色にしています。

銅やパラジウムの割合は

メーカーや職人さんによって変わってきますが、

一般的には割金のうちの70%以上とされています。

 

 

ピンクゴールドは、イエローゴールドよりも、

銅の含有量が多くなっていることが分かると思います。

銅の含有量が増えると、指輪自体が硬くなります。

そして銅は変色します。

それによってメリットとデメリットが出てきます。

以下にピンクゴールドで指輪を作った時の

メリットとデメリットを書きます。

 

 

メリット

・硬いので変形しにくい

・色合いが可愛い

・日本人の肌色に似合う

 

 

デメリット

・安心できるサイズ直しの範囲が、±1番程度。

・これを超えると指輪が割れたりする可能性もあります。

・サイズ直しをした際に、サイズ直しの痕が残ってしまう可能性が高い

・変色がある。(通常、色味が黒くなってきたりします。)

 

 

 

よく、女性ファッション誌などで取り上げられる素材なので、

「ピンクゴールドの指輪が可愛い!欲しい!」

となりがちですが、

ブライダルリングとしてのピンクゴールドを選ぶのであれば、

上記のメリットやデメリットを含めてから

ご決断された方が後悔はしません。

 

 

もちろん、

 

 

「ブライダルリングは一生モノ」

「死ぬまでずっと着けてほしい」

 

 

と考えているジュエルミキとしては、

ピンクゴールドは絶対にお勧めしません!

 

 

 

かわいいピンクゴールドのリングは、

 

ファッションリングとして

 

お求め頂ければと思います。