Site Overlay

ダイヤモンドの価格の違いはなんですか?

一般的にダイヤモンドは、

①サイズ(重量)

②色

③透明度

④研磨

によって価格が変わります。

 

 

この4つの評価を、それぞれ英表記したものが、

①サイズ(Carat)

②色(Collar)

③透明度(Crarity)

④研磨(Cut)

となり、この英表記の頭文字を取って

ダイヤモンドの4Cという評価基準があります。
ダイヤモンド4C表

 

この表で、色、透明度、研磨、各項目の評価が左側にあればあるほど、

ダイヤモンドの価格が上がります。

重量は重ければ重いほど価格が上がります。

 

また、ダイヤモンドのカラーには、ファンシーカラーというものがあり、カラーダイヤモンドと呼ばれています。

ピンクやブルーなど、無色ではない色をした、とても綺麗なダイヤモンドです。

 

天然カラーダイヤモンド

 

なぜそのようなカラーダイヤモンドになるのか。それは、

 

ピンク:高温高圧にて結晶格子の一部が変形。人工的に高温高圧をかけてもできる。

ブルー:結晶格子の炭素の一部がホウ素に置換。人工的には、電子線照射でもできる。

イエロー:結晶格子の炭素の一部が窒素が置換。

グリーン:ダイヤモンドの母岩からの天然放射線にて結晶格子が変形。人工的にⅩ線やγ線照射でもできる。

ブラック:遊離した炭素がダイヤモンドの結晶と混合。

 

ということです。

 

さて、ここからが大事です。

 

ここまでお話ししたダイヤモンドの4Cは、

人間が決めた基準でダイヤモンドを評価する方法なので、

基本的には参考にする程度で大丈夫です。

 

 

なぜなら、4Cにこだわりすぎると、ダイヤモンドの本質を見失うからです。

4Cが高評価だから素晴らしいダイヤだとは限らないということです。

 

ダイヤモンドの本質は輝くこと。

 

これに尽きます。

ご自身の目で見て、輝きが強いダイヤモンドを選ばれることをお勧めします。

高価なダイヤモンドほど大きくなり、綺麗になるのは事実ですが、

でも、プロポーズで贈るダイヤモンドは、価格よりも想いが重要です。

彼女を幸せにする!

その想いがあるだけで、ダイヤモンドの価値は何倍にもなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2020 TAKURO BLOG. All Rights Reserved.