大分、延岡、宮崎でハーフエタニティ、フルエタニティの結婚指輪ならジュエルミキ!

皆さん、おはようございます。

最近ジュエルミキで人気の結婚指輪が

 

 

ハーフエタニティ

 

フルエタニティ

 

 

の結婚指輪です。

 

エタニティリングとは、

指輪の外周にずらっとダイヤモンドが

並んであるデザイン。

しかも細めなので、とても人気です。

 

フルエタニティ 鍛造

<この細いラインにダイヤの輝きが!!凄く可愛いです>

 

でも、注意しなければいけないことがあります。

 

それは・・・

 

 

細いが故に、

 

 

変形しやすい・・・

 

 

ということです。

変形するとどうなるか?

 

 

ダイヤが外れます・・・

 

 

 

そうなっては困りますよね・・・。

 

そうならないためには、このエタニティリングを

 

 

鍛造製法で造る

 

 

ことです。

そうすれば、指輪自体が非常に硬いので

変形しにくい。

変形しなければ、指輪が硬くて頑丈なら、

石が外れることはありません。

 

 

ところが、

 

 

安く造るために

 

 

鋳造で造る場合が多いんです。

鋳造とは、あらかじめ指輪の型(デザイン)を

ゴム型でつくって、それを使って地金を流し込んで

キュッと冷やして造る製法。

 

 

鍛造と鋳造の違いの詳細はこちらのページへ

 

 

せっかく細めのラインで、

ダイヤモンドがキラキラして可愛いのに、

変形して着けられなくなったり、

ダイヤモンドがポロっと外れたりしたら

ガッカリですよね。

 

 

ですから、ジュエルミキでは

このエタニティリングを造る場合は、

 

 

鍛造製法のエタニティリング

 

 

をオススメしています。

これなら安心して細身デザインの

すっきりしたエタニティリングを

ずっと着けておくことができますから!

 

 

ちなみにエタニティリングには

ハーフエタニティとフルエタニティがあります。

 

 

ハールエタニティは、

手の甲側だけダイヤモンドがずらり。

手のひら側は地金のまま。

 

ハーフエタニティリング

 

<ダイヤモンドの列が途中で終わっていますよね>

 

 

フルエタニティは、その名の通り

全周にダイヤモンドがずらり。

手のひら側もダイヤモンドです。

 

フルエタニティ結婚指輪

 

<フルエタニティは、ダイヤの列が全周つながっています>

 

 

 

鋳造で造ると、ダイヤモンドを留めている爪も

柔らかいので、ずっと使っていくうちに

爪が浮いたりして、手のひら側に洋服などが

引っかかり始めます。

 

しかし、鍛造で作れば、そういうリスクも軽減

されますので、比較的安心してお使いになれます。

 

 

では、エタニティリングとは

どういう想いが込められたデザインなのか?

 

 

エタニティとは

 

 

英語で「永遠(Eternity)」

 

 

という意味です。

 
ですからエタニティリングとは、
リング全周にずらりと同サイズ、同カットの
ダイヤモンドを留めているデザインです。
とぎれることなく並んでいるため、

 

「永遠の愛の象徴」

 

と言われています。

 

 

永遠の愛の象徴である結婚指輪だからこそ、

エタニティデザインのマリッジリングを

オススメします。

 

 

しかも、

 

 

 

鍛造で!!!

 

 

 

鍛造でエタニティリングを造りたいとお考えの方は

どうぞジュエルミキにお尋ねくださいね。

 

 

ハーフエタニティマリッジリング

 

<ちょっとボリュームありのハーフエタニティリング>

 

 

ハーフエタニティ結婚指輪

 

<正面から見ると細めですが、ジュエルミキの鍛造エタニティリングは厚みをしっかりとっています。ですから非常に丈夫です。>

 

 

フルエタニティとハーフエタニティの

決定的な違いは、

 

 

ハーフエタニティはサイズ直しができる

 

 

ということです。

つまり、

 

 

フルエタニティはサイズ直しができない

 

 

ということです。

 

この辺もご購入の際は、知っておくべきことですね。

 

 

鍛造エタニティリング

 

 

素材も

 

 

プラチナ

K18イエローゴールド

プラチナとK18のコンビ

 

 

から選べますよ!