普段使いで、気持ち良く安心して着けて欲しいから!コラニー

ジュエルミキの結婚指輪に対するこだわりを

叶えてくれる唯一のブランド「COLANY(コラニー)」。

今日は「石留め」をご紹介します。

 

どうやってダイヤモンドをセッティングするのか?

 

 

 

メイドインジャパンです!

 

 

結婚指輪に留めるダイヤモンドの留め方。

結婚指輪はずっと着けて欲しい、

日頃からずっと着けて欲しい。

でもダイヤモンドがセッティングされていると、

「爪」がひっかかりの要因にもなったりします。

 

安価で造った指輪はその辺りの技術レベルが低いので、

ダイヤモンドがガタガタしていたり、

爪がとんがってたり・・・

着けてて心地よくない場面が多々あります。

 

赤ちゃんを抱いた時、赤ちゃんの肌に傷つけた・・・。

というような品質の結婚指輪を造りたくない!

 

安心して着けたい、

着けることで毎日幸せを感じて欲しい。
これがジュエルミキのこだわりです。

 
そのこだわりを見事に叶えてくれるのがコラニー。
コラニーの留め(セッティング)に対する想い、それは

 

 

「輝きを追求して」

 

 

ダイヤモンドのテーブル面を揃えること、

ダイヤモンドにかかる爪の大きさを揃えること、

ダイヤモンドの間隔が等間隔であること、

鏨できった場所までもが輝いていること。

当たり前の作業でありながらも

繊細な部分にこだわることで

リング全体の輝きが変わってきます。

 
たった一か所でも手を抜いたら、

きっと満足できるリングに仕上がらないと、

常に完成度の高いリング作りを

クラフトマンは目指しています。

小さなツメがダイヤモンドを

しっかり留めていることで、

衣服にひっかからないなど

毎日安心して使用できるリングになります。

 

 

結婚指輪はお二人にとって、特別なもの。

 

 
結婚指輪は幸せの証。

だからこそとことんこだわって欲しい。
ジュエルミキの願いです!

 

ずっと着ける指輪だからこそ、そういう部分を大事にしたい。
だからジュエルミキはコラニーをお勧めするんです。

 
どうぞコラニーのこだわりを動画でご覧下さい!