少数派だからこそ良い!そこに美学がある気がする。

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

僕が中学生の頃よく聴いていた、

Green Dayという洋楽のバンドグループがあります。

1994年にメジャーデビューし、現在も活動中のバンドです。

 

 

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a4

 

 

これは、代表する曲の中の1つ、

「Minority」のPVの1コマです。

やっぱかっこいいですね。

 

 

Minorityは和訳すると「少数」という意味です。

ブライダルリングにおける少数といえば、

やっぱり婚約指輪ですね。

 

 

包み隠さず言うと、婚約指輪は

全員が買う、貰う指輪ではない

です。

 

 

ネットで調べている方は知っていると思いますが、

取得率が67%だったり、41%だったりします。

どっちが本当なんでしょうか?

 

 

67%と41%だと、その差は大きいですよね?

これは、調査対象の層の違いにあります。

 

 

67%の調査結果の方は、

「結婚に関してお金をかけることに積極的な女性」

が調査対象だった場合の結果で、

 

 

41%の調査結果の方は、

「最近結婚をした、もしくは間近に控えている男性」

が調査対象です。

 

 

ということは、67%の方は、

「結婚に関してお金をかけることに積極的な女性」

が調査対象となっている訳ですから、

相手の男性が「婚約指輪は買わない」という選択をしたら、

お願いしてでも買って貰うケースも含まれていると予想できます。

ですので、一般的な数字ではないという感じですよね。

 

 

一般的な婚約指輪の取得率という結果に関しては、

41%の方が近いということになります。

ですが、この数字も全国平均です。

首都圏や大都市の方が底上げをしているだけであって、

地方になると、この数字はもっと低くなると思います。

 

 

cly202_pc_main

 

 

宮崎は・・・特に県北は、

少数も少数

の人だけが、

婚約指輪を買ったり、貰ったりしている

ということになります。

 

 

もちろん、プロポーズプランナーの僕としては、

この取得率を、宮崎県北は100%したいと思っていますが、

やっぱり、金銭的なこととか、その他の事情などがあると思うので、

さすがに100%は無理かなーなんて思っています。

 

 

宮崎県北の婚約指輪の取得率は、限りなく低いと思います。

恐らく、周りの方々に話を聞いても、

「買っていない」

「貰っていない」

という方が多いと思います。

 

 

ここで、

「みんな買ってないし、別に無くてもいいかー」

なのか、

「みんなが買ってないからこそ!!」

なのか。

婚約指輪は基本的に女性は遠慮するもの。

男性が

「買う!」

と決めないと、普通の女性は

「買ってよー」

なんて言える金額の指輪ではありません。

 

 

婚約指輪は損得勘定で考えるものではありません。

男の想い、魂、そんなものが詰まった、

素敵な婚約指輪になってもらいたいですね!

 

 

延岡にプロポーズの文化みたいなのが、

何かから生まれていくといいなーと思っています!