チョコレートにまつわるお話

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

 

今日はバレンタインデーですね!

チョコレート、何人に贈りますか??

また、何人から貰いましたか?

贈っても贈られても嬉しいですよね!

感謝の気持ちも忘れずに!!

 

 

さて。昨日のブログ

チョコレートは感謝して食べないといけないものです

に引き続き、チョコレートの話です。

 

 

有名なブランドチョコレート

というと、多くの方の回答が

GODIVA(ゴディバ)

だと思います。

 

 

ジュエルミキ ゴディバ 延岡

 

 

ゴディバの名前は、

11世紀のイギリスの伯爵夫人の

レディー・ゴディバから付けられてものです。

 

 

1043年、イギリスの小さな町コベントリーでの話。

領主のレオフリック伯爵は、小さな町を発展させようと、

公共の建物を増やし、領民から徴収する税を増やしていきました。

肥料にまで税をかけてしまっている始末。

領民が重税に困っていたところ、さらに増税をしようとしました。

 

 

妻であるゴディバ夫人は、

領民の税を引き下げようと伯爵に持ちかけます。

伯爵はその話を断りました。

それでも諦めずに訴え続け、面倒になった伯爵は

「お前が裸で馬に乗り、町中を廻れたら税を下げよう」

と言いました。

 

 

その翌朝、ゴディバ夫人は伯爵の言った通り、

裸で馬に乗り、町中を回りました。

領民たちは、そんな夫人の姿を見ないように、

窓を閉じ、誰一人として屋外には出ず、

ゴディバ夫人に対して敬意を表しました。

そして伯爵は約束通り、

領民の税を引き下げることにしました。

 

 

ゴディバチョコレートの創始者は、

このゴディバ夫人の行動に感銘を受け、

ベルギーに誕生したブランドに

ゴディバ

という名前を付けたのが、

高級チョコレートの代名詞でもあるゴディバの誕生です。

 

 

ゴディバ夫人の勇気ある行動がなければ、

領民の幸せは実現しなかったし、

この世にゴディバというチョコレートは

存在しなかったことになりますね。

 

 

愛のある行動で物事が変わる。

 

 

ブライダルリングもそうです。

機械で作るブライダルリングは、

効率良く大量に生産できるし、

時間もかからずにすぐに手元に届きます。

 

 

手造りの愛が込められた指輪は、

大量に生産することもできませんし、

作るのに時間が掛かります。

 

 

でも、手造りだとずっと着けられる指輪が誕生します。

愛のあるブライダルリング。

 

 

始まりはジュエルミキからどうぞ。

 

 

ジュエルミキ ブライダル