披露宴って何のためにするの?

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

桜の花も咲き始め、

春らしい雰囲気になりましたが、

天気が悪く、花見日和にはなりそうにありません。

雨が降ると桜が散ってしまうので、

その辺りも心配ですね・・・。

 

 

さて。

今日は指輪の話から一転して、

 

 

結婚披露宴って何のためにする?

 

 

について書こうかなと思っています。

 

 

 

 

 

まず、結婚式と結婚披露宴は全く別物です。

一緒にやることが多いので、

その違いが分からない人、

意外に多いんじゃないかなーって思います。

 

 

ざっくりと説明すると、

結婚式

神様(神前式・仏前式・教会式など)や、

参列した人たち(人前式)に、結婚を誓う儀式。

指輪の交換をするのも、この結婚式です。

 

 

 

結婚披露宴

結婚したことを、知人にお披露目するパーティーです。

ケーキ入刀や余興などで場を盛り上げ、

ゲストと一緒に食事をし、お祝いの宴をします。

 

 

もっとざっくりと言えば、

結婚式=儀式

結婚披露宴=パーティー

です。

 

 

日本では一般的に、

一緒にしてしまう2つの物ですが、

 

 

結婚式だけ

結婚披露宴だけ

 

 

でも大丈夫なんですねー。

 

 

そして今日は、この結婚披露宴に関してお話をします。

 

 

結婚披露宴=パーティー

 

 

と書きましたが、

普通のパーティーとは訳が違います。

 

 

結婚披露宴は、

 

今までお世話になった人や、

これからもお世話になる人、

そういった人たちに

自分のパートナーを直接紹介する場

 

 

です。

 

 

この機会を逃したら、

それ以降、ちゃんとした挨拶もできなくなる可能性が高いです。

今までお世話になった人、

これからもお世話になる人、

そして、相手方の身内の人たち。

なかなか会わない人もいると思います。

そういった方々に、ちゃんと挨拶をしておきましょう。

 

 

そして、最近の結婚披露宴では薄れてきている、

とても重要な要素があります。

それは

 

 

おもてなし

 

 

です。

現在の結婚披露宴で、

おもてなし

の要素って何がありますか?

 

 

料理?飲み物?引き出物?

違います。

それらは全部じゃないにせよ、

ご祝儀で賄っています。

 

 

おもてなしの要素・・・。

 

 

現在の結婚式場が提案する結婚披露宴では、

おもてなしの要素が全く無い

と言っても過言ではありません。

 

 

例えば、現在の結婚披露宴では、

数回のお色直しがあります。

新婦さんや新郎さんが退席して、再入場までしばらく時間が掛かる。

これが当たり前ですよね?

 

 

でも・・・

 

 

その間、ゲストは放置ですよね?

 

 

そして、司会のアナウンスで

 

 

「それでは、しばらくご歓談ください」

 

 

・・・なにそれ?

 

 

って思います。

 

 

結婚披露宴はおもてなしの場であって、

新郎新婦のファッションショーじゃないんですよね。

 

 

お色直しの時間を使うなら、

ゲストの全席にお酌して回ったほうが、

絶対に喜ばれる結婚披露宴になりますよー!

 

 

いろんなドレスを着てみたいのも分かりますが、

それは前撮りでたくさん着て、

披露宴本番のお色直しは1回で十分です。

 

 

どの結婚式場が提案する結婚披露宴も、

おもてなしの心を欠いたものばかりで、

本来の目的を全く無視していると思います。

 

 

何のための結婚披露宴か、

そういったことをちゃんと理解することで、

結婚披露宴がとても素敵なものになると思います!

 

 

ジュエルミキ ブライダル