ダイヤモンドの有名なキャッチコピー、知っていますか?

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

4月15日(土)

今日は「ヘリコプターの日」です。

1986年に全日本航空事業連合会が制定しました。

1452年4月15日は、ヘリコプターの原理を生み出した、

レオナルドダヴィンチの誕生日で、

ヘリコプターの重要性をPRし、

飛行機に次ぐ第2の空の足として、

認識してもらうことを目的としているそうです。

 

 

今日は、

ダイヤモンドの有名なキャッチコピー

についてお話しします!

 

 

ダイヤモンドは永遠の◯◯・・・

 

 

これは、デ・ビアスという、

世界のダイヤモンド大手の会社が作った、

ダイヤモンドの最も有名なキャッチコピーなのですが、

若い世代の人は知らない人も多いかもしれません。

 

 

さて、この◯◯には何という文字が入ると思いますか?

チッチッチッチッチッチッチッチッチ・・・(時計の音)

 

 

延岡 結婚指輪 婚約指輪 ダイヤモンド プロポーズ 日向 宮崎 結婚式

 

 

時間です。

答えは、

 

 

輝き

 

 

です。

 

そう、

 

「ダイヤモンドは永遠の輝き・・・」

 

 

これがダイヤモンドの最も有名なキャッチコピーです。

 

 

ここで注目してもらいたいのは、

 

 

ダイヤモンド=永遠の輝き

 

 

という所。

もっと短くすると、

 

 

ダイヤモンド=輝き

 

 

そう、ダイヤモンドには

ダイヤモンドの4Cというものがありますが、

重量、色、透明度、カット(輝き)

の4項目の中で、デ・ビアス社が言い放ったのは

 

 

ダイヤモンド=輝き

 

 

なんですね!

 

重量がどうだこうだ

色がどうだこうだ、

透明度がどうだこうだ・・・

 

 

これを一生懸命、4Cの基準から話している宝石店が、

日本の世の中にはたくさんあります。

 

 

「ダイヤモンドの重量は、彼女への愛の重さなので、大きい方が喜ばれますよー!」

 

とか

 

「結婚は純白なイメージだから、カラーは最高のDカラーがいいですよー!」

 

 

とか、

 

 

「無垢なイメージが相応しいので、内包物は少なくて透明度が高い方が良いですよー!」

 

 

とか・・・。

 

いろんな宝石店に行くと、

どこかのお店で、

こういう文言を聞くこともあるかと思います。

 

 

これ、何の根拠があんの(笑)

 

 

大事なので、もう一度書きます。

 

 

ダイヤモンド=輝き

 

 

なんですよ?

 

サイズが大きいですよーとか、純白だーとか、透明だーとか

ハッキリ言ってどうでも良いことです。

これを、

あたかもとても重要な要素だ

と言わんばかりに話すもんだから、

ダイヤモンドを選ぶ人たちが混乱するんです。

 

 

彼女への愛の重さ?

そりゃいっぱいあるから、大きいのがいいよなー。

純白・・・?

そうだよなー、じゃあDカラーのが・・・

いや、無垢・・・?

じゃあ透明度も高く・・・

 

・・・どれが良いのか分かんね o(`ω´ )o

 

 

じゃあ、4Cの評価が全部上のやつが付いている

ダイヤモンドを見せてください・・・

 

 

なに!!100万円超えるだと!?

高いわ!!o(`ω´ )o

・・・ダイヤモンド選ぶの面倒だな・・・

 

 

ってなっちゃう方も多いようで。

・・・あ、すみません。

急に事例を挟んでしまいました(笑)

 

 

ダイヤモンドは、4Cの評価では見ることのできない、

とても素敵な輝きを放つものが色々とあります。

 

 

ジュエルミキが取り扱うダイヤモンドもその1つです。

一般的に高品質とされているダイヤモンドよりも

 

 

4倍明るいダイヤモンド

 

 

images

 

 

それが

 

 

ウィリアム レニー ダイヤモンド

(WLD)

 

 

blogbar_wld

 

 

です。

 

 

今まで見てきた、

高品質と言われるダイヤモンドの輝きは、

とりあえず忘れてください。

 

 

このウィリアム レニー ダイヤモンドは、

比較して誰でも一発で見分けられるほど、

その輝きは素敵なものです。

 

 

ダイヤモンドは永遠の輝き・・・。

 

 

この「輝き」に特化したダイヤモンドを是非、

ご自身の目でご覧になられてみてください!

 

 

ジュエルミキ ブライダル