【必読】指輪ができる工程②

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

延岡でも大雨警報が発令しましたが、

平野部は今のところ特に強い雨が降ったりはしていません。

 

 

さて。

昨日に引き続き、

指輪ができる工程について書きますね!

昨日は鋳造(ちゅうぞう:【ロストワックス法】)

でしたので今日は、

鍛造(たんぞう【型鍛造・自由鍛造】)

について書きます。

 

 

鍛造

 

 

これは読んで字のごとく、

 

 

鍛えて造る

 

 

という造り方です。

 

 

鍛造の造り方にはさらに

 

 

①機械のプレスによって行う「型鍛造」

 

 

②完全に職人の手作業による「自由鍛造」

 

 

という、大きく2つの方法に分かれます。

 

 

型鍛造の工程

 

 

①打ち抜き

素材に何度も圧力を加え、

板状に鍛造された金属板をプレス機でドーナツ状に打ち抜く。

(ワッシャーのような状態になる。)

 

 

 

 

②成型鍛造

打ち抜いた素材を叩いて圧力をかけていく。

ドーナツ状に抜かれた地金(ゴールドやプラチナ)

の内側の円周を外向きに広げ、

外側の円周を内向きにすぼめるようにして、

厚みを出して立体にしていく。

最終的にはサイズに合わせた円筒の形になるまで

加圧して指輪を作る。

 

 

③調整

幅や厚みを均等に整え、表面の研磨などの仕上げをする。

ここまでで指輪の原型ができあがる。

ここで出来上がった原型の表面に、

ラインを入れたり、つや消しをしたりしていく。

型鍛造はプレス機を使い、工程の全てを機械で行うので、

短時間で大量に生産が可能。

 

自由鍛造の工程

 

 

①地金を作る

素材になる金属棒に充分な熱を加えて、ハンマーで叩き伸ばして地金を作る。

ペアリングの場合は、1本の長い「共地金」を作り、

それぞれのサイズに合わせて2本に切り分ける。

 

 

②成形

地金をハンマーで叩いて鍛えながら広げてカーブをつけて、

指輪状に整えていく。同時にサイズや指輪の幅も調整していく。

 

 

 

 

③共付け・仕上げ

指輪状に整えた地金の両端に熱を加えて圧着接合(共付け)し、一本の輪にする。

その後は熱を加えず、ハンマーで叩いて地金を鍛えながら、厚みや幅を均等に整える。

最後に内甲丸や彫刻、表面加工などの仕上げを行い、表面を磨き上げて完成。

 

 

 

 

と、こんな感じで造っていきます。

 

 

鋳造とは全く違った方法で造っていきます。

一般的には、鍛造で造った方が

 

 

耐久性がある

 

 

と言われています。

 

 

ジュエルミキにも鍛造の指輪があります。

もちろん、ずっと使えることを考えて、

自信を持ってお勧めしている指輪です。

ぜひ一度、ご覧になられてみてくださいね!

 

 

次回は、

鋳造と鍛造、どっちがいいの?

 

 

というお話をしますね!

 

 

それではまた!