婚約指輪、「いらない」って本当?

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

昨晩は、もう秋も中頃になったような涼しさでした。

関東に接近している台風の影響か、風も強かったです。

夜釣りにはもってこいのいい季節になりました。

これからが楽しみです!

 

 

さて。

インターネットが当たり前のように普及している今日、

色々な情報がネット上に蔓延しています。

その中には賛否両論、様々な情報が書かれてありますが、

ブライダルリングに関して、よくある書き込みが

 

 

「婚約指輪はいるか、いらないか」

 

 

ということだと思います。

今日は、このことについてお話しします!

 

 

婚約指輪

 

 

 

 

この指輪はネット上では、

 

 

いる、

いらない

 

 

と賛否両論が蔓延している指輪の1つです。

 

 

実際に、婚約指輪が無くても婚約はできます。

 

 

「結婚しよう」

 

 

と相手に伝え、それが承諾されれば、

そこに婚約指輪が無くても、

形式上の婚約は成立します。

 

 

しかし、婚約というのは遊びの約束とは訳が違います。

婚約というのは、

 

 

結婚の約束

 

 

ですが、約束をするということと同時に、

 

 

決意

 

 

という意味も込められています。

約束や決意が、目に見えないものではなく、

目に見えて、さらに身近な存在となる指輪に、

愛の誓いを込めたのが婚約指輪です。

 

 

さて。最近では、婚約指輪を贈らなかった理由に最も多いのが、

 

 

 

相手がいらないと言ったから

 

 

です。

それって女性の本音でしょうか??

統計を取ってみると、

 

本当にいらない     30%

相手に遠慮している   70%

 

 

という結果になります。

女性は、男性よりも周りを見ている傾向が強いです。

本音は欲しいと思っていても、

遠慮をして言えないという方が多いようですね。

 

 

ここから、ちょっと怖いお話しになります。

100組のカップルがいれば、

100通りの事情があるとは思いますが、

婚約指輪を贈ったカップルと、

婚約指輪を贈らなかったカップルでは、

贈らなかったカップルの方が

 

 

離婚率が高い

 

 

という恐ろしい統計があります。

 

 

結婚生活を続けている夫婦と、

離婚を経験された独身の方に、

「結婚の際に行った儀式」の調査をし、

その差が大きかったものは

 

 

1位 結婚式・披露宴を行っていない

2位 婚約指輪を贈っていない

 

 

でした。

 

 

結婚式や披露宴を行うこと、

そして婚約指輪を贈ることは、

非常にお金がかかることです。

ですが、そこを手抜きしてしまうと・・・

ということを示した統計です。

 

 

結婚式や披露宴、婚約指輪を贈る

というイベントは、

おふたりの絆や愛情を深めることにもつながります。

とは言っても、やっぱり金銭的なことが気になりますよね・・・。

 

 

ですが、莫大な金額をかけなくても、

結婚式や披露宴、婚約指輪を贈る

というイベントは実行できます。

 

 

そんな方々のお力になるのがジュエルミキです。

ぜひ一度、ご相談に来られてみてくださいね!