「指輪って職人であれば、誰が造っても一緒でしょ?」「・・・え?」

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

台風が過ぎ、いい天気が続いている延岡です。

空気も乾燥してきて、

すっかり秋の気配になってきました。

 

 

さて。

婚約指輪や結婚指輪、

職人の手作業で造られている指輪は、

世の中に沢山あります。

職人であれば、出来上がる指輪の品質は同じか・・・?

答えは「いいえ」です。

今日はコラニーの職人についてお話しします。

 

 

指輪職人

 

 

世の中には沢山の指輪職人の方々がいらっしゃいます。

職人1人ひとりが、様々なこだわりや技術を持って、

指輪を造っています。

 

 

COLANY(コラニー)の指輪は、

技能五輪全国大会で優勝経験のある、

いわば日本一の職人によって造られています。

そこにある造りの高い技術は、最も大切にしている着けごこちを支え、

最高レベルのブライダルジュエリーを生み出すCOLANY(コラニー)の魔法。

 

 

「ブライダルジュエリーは、人の想い、人の人生に寄り添うもの」

という職人の信念のもと、

全てのリングが手しごとによって造られ、

どんなに繊細なデザインであっても、

繰り返し繰り返し磨かれて完成していきます。

 

 

おふたりのしあわせを未来へ運ぶリングであり続けるために、

COLANY(コラニー)クオリティを守る。

その強い意思が、COLANY(コラニー)のクラフトマンシップです。

 

 

 

 

動画は、COLANY(コラニー)の婚約指輪枠、

カサブランカの製作工程です。

 

 

 

 

COLANY(コラニー)の職人

 

小澤忠弘さん

 

 

 

 

貴金属装身具1級技能士 /

技能五輪全国大会 優勝 /

労働大臣賞受賞 /

山梨県技能祭り大会 優勝 

山梨県知事賞受賞

 

 

COLANY(コラニー)の職人は、

公に顔を出しています。

造る指輪に自信があるからこそでき、

そして、造った指輪に責任を持つこと。

その表れだと思います。

 

 

職人とひとことで言っても、

その技術の差、こだわりの差があります。

COLANY(コラニー)の指輪の品質は、

 

 

手作業で機械以上の精度を出す。

 

 

ここにこだわりを持って、

COLANY(コラニー)の指輪を着ける人たちの

幸せを願って造られています。

 

 

画像をクリックすると、お客様の声にリンクします。

 

 

COLANY(コラニー)の指輪をご覧になられる際は、

正規取扱店のジュエルミキまでどうぞ。