「着けごこちってどの指輪も一緒でしょ!?」「・・・え?」

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

台風が過ぎ去った翌日は良い天気だったのですが、

これから1週間の天気予報は曇りか雨・・・。

梅雨みたいで憂鬱です(笑)

 

 

さて。

ジュエルミキが推奨する、

婚約指輪や結婚指輪などのブライダルリング、

COLANY(コラニー)ですが、

着けごこちの良さもお勧めポイントの1つです。

 

 

「着けごこちってどの指輪も一緒でしょ?」

と言われると、

「・・・え?」

ってなります。

 

 

指輪の着けごこち

 

 

これは、指輪を見るだけでは分かりません。

実際に着けてみてからでないと、

実感することができません。

 

 

ですから、昔はほとんどの指輪が、

「着けごこち」なんて考えられていませんでした。

近年になって多くの指輪が、

「着けごこち」を意識して造られるようになりましたが、

それでも「ある程度」止まりだと思います。

 

 

ジュエルミキが推奨する、

婚約指輪や結婚指輪のブライダルリング、

COLANY(コラニー)は、

「着けごこち」にちゃんとした定義が3つあります。

 

 

①指通りがいい

指に指輪を通して一番奥まで差す時に、

滑らかに指を通っていくこと。

 

 

②指座りがいい

指輪の幅によって、内側の甲丸のかけ方、指と接する面積を変えます。

細い指輪の内側に、こう丸をきつくかけすぎると、

指に通した時にガタガタと動いて安定しません。

 

 

③指触りがいい

指輪の内側全体がしっかりと磨かれていて、

指に触れる部分がザラザラしていたりすることがないよう、

指輪の表面と同じレベルで磨きをかけます。

 

 

 

 

①、②、③のどれが欠けても、

コラニー品質の着けごこちとは言えません。

「着けごこち」が良い3つの定義を、

どれも最高レベルの技術で仕上げることによって、

初めて「最高の着けごこち」となります。

 

 

 

 

他の指輪と比較するとその差は歴然です。

ぜひ、ジュエルミキにてご試着されてみてくださいね!