「指輪の加工って簡単にできるんでしょ?」「・・・え?」

全世界の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

日に日に気温が下がってきて、

肌寒い日の方が多くなってきました。

朝晩の冷え込みも、もう冬が間近のように感じます。

 

 

さて。

指輪の加工についてですが、

みなさんは、どのように加工が行われているか、

知らないという方も多いと思います。

今日は、加工のことについてお話しします。

 

サイズ直し

新品仕上げ

 

 

この2つは、ジュエルミキが推奨する

婚約指輪や結婚指輪などのブライダルリング、

COLANY(コラニー)が、

50年間の保証を付けている加工です。

 

 

これらの加工は、新しく指輪を造るのではないので、

「すぐにできるんじゃないの?」

というイメージの方が多いと思います。

 

 

その考えは間違ってはいません。

 

 

COLANY(コラニー)

以外の指輪なら。

 

 

多くの工場が、ちゃちゃちゃーっと済ませることですが、

COLANY(コラニー)は違います。

 

 

指輪のサイズ直しや新品仕上げは、

その回数が多くなるにつれて、

指輪の状態が変化してきます。

変化してしまったそのままの状態では、

お客様にお渡しすることができないので、

その時には造り直しでの対応になる場合もあります。

 

 

また、ダイヤモンドを留めている、

とても小さな爪の歪みや変形がないかも、

1つひとつチェックをしていきます。

チェックして不安な点があった場合、

必要な加工を施します。

 

 

 

 

サイズ直し、新品仕上げのご依頼があったから、

サイズを直す、指輪の研磨をする。

これでは、どこの工場だってできるし、

それにかかる時間も短時間で済みますが、

COLANY(コラニー)はそれだけではなく、

50年間、安心して着けて頂けるように、

 

 

指輪の状態を、

より良いものにしておきたい

 

 

という思いで、加工を施していきます。

 

 

 

 

指輪の加工が完成してから、

再度、お客様のお手元に戻ってきた時、

初めて指輪を手にした時と同じ感動を味わって頂きます。

 

 

写真をクリックすると、お客様の声にリンクします。

 

 

お客様に喜んで頂くために、

指輪のチェックは細部にまで渡るので、

COLANY(コラニー)の加工は時間がかかります。

怠けているから時間がかかるのではありません(笑)

 

 

 

 

ですので、COLANY(コラニー)の加工を依頼する際は、

お手元に戻って来てほしい日に合わせるためにも、

時間に余裕を持って最低1ヶ月前には、

ジュエルミキまでお持ち頂くことをお勧めします。

 

 

50年間、安心して着けられるブライダルリングCOLANY(コラニー)

を、ジュエルミキにてご覧になられてみてくださいね!

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら