ほとんどの人が気にしない、指輪の大事なこと。

世界中の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

パッとしない天気が続きますが、

確実に春に向かっているんでしょうかね。

どうであれ、体調を崩しやすい時期です。

インフルエンザの猛威も収まっていないようですし、

体調管理には十分に注意しましょうね!

 

 

さて。

今日は、ほとんどの人が気にしない、

指輪の大事なことのお話をしますね。

 

 

 

 

それは、

 

 

指輪の仕上げ

 

 

のことです。

 

 

ほとんどの指輪は、

パッと見はキレイに仕上がっています。

でも、よく見たら小傷があります。

目を凝らして見ても分からない、

ルーペで見て気づくレベルだと思います。

もしかしたら、肉眼で見ても気づくレベルかもしれません。

 

 

そんな小傷が入った指輪を、

新品として販売しているお店が多いです。

指紋が付いているとか付いていないとか、

そんな初歩的な次元の話ではなく、

傷なんてものは、もっと初歩の部分です。

 

 

恐ろしいことに、

 

 

少々の傷は、指輪にはつきものだ

 

 

と考える職人や、販売店も多く存在します。

 

 

それって新品ですかね?

 

 

僕は疑問に思っています。

お客様からご注文頂いた指輪が出来上がって、

いざ検品をしてみたら、

小傷が多くてメーカーに送り返し、

磨き直しをさせて・・・

これを1本の指輪に対して何度も繰り返して、

やっとキレイな指輪が出来上がったということもありました。

 

指輪は無傷で出来上がって当たり前

 

 

なんです。

これってとても大事なことなんです。

新品のものって、どんなものでも無傷ですよね?

気づかないレベルで傷が入っているっておかしくないですか?

 

 

ジュエルミキは、この小傷に対して、

とても厳しくチェックをしています。

 

 

小傷があっては新品ではない、

そんな指輪は販売できないと思い、

やっとの思いで巡り会えたのが、

ジュエルミキが推奨するCOLANY(コラニー)です。

 

 

COLANY(コラニー)の仕上がりは日本一です。

無傷で出来上がってきます。

鍛造の指輪が無傷なのは当たり前ですが、

鋳造の指輪で無傷はすごいことなんです。

 

 

婚約指輪や結婚指輪は、

お二人の記念になる指輪です。

だからこそキレイな指輪であってほしいと考えています。

お二人の指輪を是非COLANY(コラニー)で造ってみませんか?
 

 

写真をクリックすると、お客様の声へリンクします。

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら