婚約指輪のダイヤモンドは外れない?

世界中の皆様、

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

 

 

天気が良くなったり、崩れたり。

天気が良い日は暖かいのですが、

崩れた日はまだ肌寒いですね。

毎日が小春日和とは言えない、

まだ微妙な天気が続いています。

 

 

さて。

今日は、婚約指輪のダイヤモンドについてお話しします。

 

 

 

 

婚約指輪は、大きめのダイヤモンドが留められた、

プロポーズや婚約をするときに、

男性から女性へ贈る指輪です。

 

 

大きめのダイヤモンドが留まっているから、

婚約指輪につきまとう不安は、

 

 

ダイヤモンドは外れない?

 

 

ということです。

 

 

ジュエルミキが推奨するCOLANY(コラニー)は、

そういった不安を取り除くために、

ダイヤモンドを留めている「ツメ」と呼ばれる部分に、

ちょっとした細工をしていますので、

 

 

日常生活を行う上での使用で、

ダイヤモンドが外れることはありません。

 

 

一流 婚約指輪

 

 

とはいえ、高価な指輪ですよね。

どうしても不安な場合は、

お気軽にジュエルミキまでお持ち下さい!

プロの目でダイヤモンドの留めの緩み等がないかを、

無料でチェックします!

 

 

ただ、指輪が極端に変形してしまった場合は、

ダイヤモンドが外れてしまうことも考えられます。

 

 

万が一、ダイヤモンドが外れてしまった場合、

外れてしまったダイヤモンドがお手元に残っていれば、

そのままお留めします。

 

 

その際に、

「なぜダイヤモンドが外れてしまったのか」

ということを調べるために、

検品をさせていただきます。

 

 

検品の結果、ダイヤモンドが外れた理由が、

以下の条件に該当する場合、

石留めのお代金をいただく場合がございます。

 

 

①故意に外したと思われる場合(切断痕や打痕がある場合)

②指輪の変形が激しい場合

③日常生活の上での使用による外れではないと判断した場合

 

 

です。

ただ、ジュエルミキが推奨している、

COLANY(コラニー)の指輪は、

 

 

50年間の使用に耐えうる、

耐久性や品質を保っている指輪

 

 

です。

そんなに簡単には壊れませんので、

着けることを恐れずに、

せっかくの婚約指輪ですので、

着ける楽しみを十分に味わってくださいね♪

 

 

 

 

幸せの始まりの婚約指輪を是非、

ジュエルミキで選んでみませんか?

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら