指輪の内面の文字は一生残ります。

世界中の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

梅雨入りが発表されましたが、

週間天気予報を見ても、

そこまで雨が続くような予報ではありません(笑)

雨はいやですが、空梅雨も困ったもんですね。

 

 

さて。

今日は、指輪の刻印についてお話しします。

 

 

 

 

刻印

 

 

これって、指輪を探しているお二人が、

あまり重要視しないことが多い部分です。

 

 

指輪に文字入れるだけでしょ??

 

 

と軽々しく思われていることもあります。

 

 

ちゃいます。

 

 

結構、重要な部分になりますよー!

 

 

指輪の刻印は、

機械を使って行う方法や、

鏨(たがね)という道具を使って、

手作業で行うものがあります。

 

 

ジュエルミキが推奨するブライダルリングのCOLANY(コラニー)は、

鏨を使って刻印をしています。

 

 

延岡 結婚指輪 婚約指輪 結婚式 サプライズ プロポーズ 内緒

 

 

手作業で刻印をするため、

指輪の内面に沿って真っ直ぐに、

そして等間隔に一文字一文字を打刻していきます。

 

 

延岡 結婚指輪 婚約指輪 結婚式 プロポーズ サプライズ 結納

 

 

鏨による打刻をすることで、

 

 

機械で彫るよりも深く文字を刻めます。

 

 

機械彫りだと、

指輪内面に傷を入れるように文字を彫りますので、

長い間使うと、摩擦で薄くなってしまうこともあります。

 

 

ずっと使う指輪だからこそ、

文字が消えてしまったら困る

というもんです。

 

 

そして重要なのが、

機械彫りも鏨彫りも

刻印をすると、つけ心地が悪くなる

ということです。

指に当たる部分に文字を入れるので、

機械彫りで傷を付けると、

バリと呼ばれるササクレたものができ、

鏨で彫ると文字の輪部が盛り上がったりしてしまい、

つけ心地の低下に繋がってしまいます。

 

 

ですがCOLANY(コラニー)は、

つけ心地を損なわないよう、

鏨の打刻によってできた盛り上がりも、

しっかりと研磨することで、

つけ心地を損なわないようにしています。

 

 

いつまでもお二人の記念日を、

そして、初心を忘れないように、

指輪の刻印はしっかりとしておいた方がいいですね♪
 

写真をクリックすると、お客様の声へリンクします。

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら