夏になると金属アレルギーのご相談が増えます。

世界中の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

最近ではよく耳にする言葉になった金属アレルギーは、

程度によって重大な健康被害を起こします。

自分の身に起こることなので、心配される方も少なくはありません

 

 

 

 

0002

 

 

 

夏になると、

「金属アレルギーが出た」

と言う言葉を良く聞くようになります。

それは本当に金属アレルギーなのかどうか、

しっかりと判断する必要がありますね!

夏は汗でかぶれているだけという場合もありますね!

 

 

そういう心配もあってか、

「自分が金属アレルギーかアレルギーじゃないかが知りたい」

という方が多くご来店されます。

 

 

頼ってくださることはありがたいのですが、

大変申し訳ございません。

 

 

ジュエルミキは皮膚科の病院ではありません。

「それは金属アレルギーです」

とお伝えすることができないんです。

 

 

金属アレルギーだと思い込んでいる人も多く見かけます。

お医者さんに診断してもらったわけでもないのに、

「私は金属アレルギーなので・・・」

と言われていますが、

あまり過敏になっても

オシャレを楽しめずに損をしてしまいますよね。

 

 

一般的に、金やプラチナはアレルギーフリーではありませんが、

金属アレルギーを引き起こしにくいと言われています。

また、チタンやレアメタルと呼ばれる金属も同様です。

 

 

金やプラチナが金属アレルギーを起こしにくいのは、

純金や純プラチナに限られます

しかし、純金や純プラチナを使ったジュエリーは、

耐久性の低さという面から、

近年ではほとんど作られなくなってきています。

 

 

それらの貴金属の耐久性を上げるために使われる、

銀や銅、ニッケルやコバルト、パラジウムなどの割金によって

金属アレルギーが引き起こされます。

ですので、一概に金属アレルギーの

「原因はこれです」

というのが全く分かりません。

 

 

ご自身が金属アレルギーかどうかを知るためには、

まず最寄りの皮膚科を受診されてください。

検査の種類は何種類かあるようなので、

皮膚科の医師の指示に従ってください。

 

 

 

金属アレルギーが起こってからの責任は負いかねますので、

金属アレルギーが不安な方は、

必ず皮膚科をご受診されてからご来店下さいね!

 

 

写真をクリックすると、お客様の声へリンクします。

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら