指輪選びでプラチナをお勧めしている理由は◯◯です!理由がないことはありませんよ!延岡で婚約指輪や結婚指輪をお探しならジュエルミキまでどうぞ!

世界中の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

さて。

婚約指輪や結婚指輪を選ぼうと思って

多くのジュエリーショップを訪問すると、

ほとんどのお店が、

プラチナの指輪を販売していることに気づくと思います。

ジュエルミキでも、プラチナの指輪をお勧めしています。

これって何故なんでしょうか?

今日は、そういうお話しをしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

プラチナ製の指輪とゴールド製の指輪、

全く同じデザインだったらプラチナ製の方が高価になります。

それでもプラチナ製の指輪を勧めるのは、

高いものを売りたいというわけではありません(笑)

ちゃんとした理由があるんです。

 

 

 

 

プラチナがいい理由①

希少性が高い

プラチナは生産国が非常に限られている貴金属です。

総供給量の90%を南アフリカ共和国とロシアで占めています。

また、プラチナの鉱石1トンから採れる、

貴金属としてのプラチナの量は約3グラム程度です。

ブライダルリング1本に使われているプラチナの総量は、

デザインにもよりますが、平均すると3〜6グラムです。

 

 

理由はいくかあるのですが、代表的なものを挙げると、

プラチナが変色に強く、希少性が高いという理由から、

 

 

永遠の愛の象徴

 

 

と言われています。

愛を確かめ合う婚約指輪や結婚指輪ですから、

プラチナにこういう意味が込められているのは、

とても素敵なことだと思います!

 

プラチナがいい理由②

安定した素材であること

最近、「ピンクゴールドの指輪がいい」という方が、

たまーにいらっしゃいます。

ジュエルミキでは、耐久性や今後のメンテナンスの観点から、

婚約指輪や結婚指輪をピンクゴールドで造ることを

 

 

お勧めしていません。

 

 

可愛いのは分かります。「着けたい!」という気持ちも分かります。

でも、婚約指輪や結婚指輪などのブライダルリングは、

 

 

ずっと着ける指輪

 

 

です。

そこらのファッションリングとは違うんですね。

ピンクゴールドで指輪を造った方が後悔するのが

 

ピンクゴールドは

必ず変色する

 

 

という点です。

最初は可愛い色合いの指輪ですが、

ピンクゴールドは割金に銅を多く含むので、

後々は古ぼけた10円玉のような色になります。。。

また、割金に銅を使っていることから、

指輪自体が硬くなってしまい、

折れる可能性も否定できません。

また、サイズ直しもできなかったり、

できたとしても、直した跡がくっきりと残る可能性もあります。

 

 

プラチナは、その加工性の良さから、

後々の加工の際にも、

難なく耐えてくれる素材ですので、

ずっと着ける指輪にはとても相応しい素材なんですね。

 

 

 

 

プラチナがいい理由③

石留めに相応しい

プラチナは、ゴールドと比較すると、

柔らかく傷がつきやすい素材です。

但し、ゴールドよりも遥かに高い粘りを持っています。

このことを靭性(じんせい)といいます。

 

 

婚約指輪に留まるダイヤモンド、

そして最近では、9割近くの方が

女性用の結婚指輪にもダイヤモンドを留めます。

ダイヤモンドを留める爪という部分は、

とても細くて繊細な部分です。

ここに靭性の高いプラチナを使うことで、

ダイヤモンドを外れにくくしています。

また、プラチナの色は、

ダイヤモンドの輝きをより引き立たせる、

ダイヤモンドジュエリーに最も相応しい色です。

 

 

ネット上の一部では、

「プラチナは柔らかく、傷つきやすい上に、

重たく、変形もしやすい。ジュエリーには不向き」

等ということを書いてあったりしますが、

僕はそれを

 

全否定

 

 

します(笑)

プラチナこそ、ジュエリーに最も相応しい素材です。

一生に一度の婚約指輪や結婚指輪です。

最も相応しいプラチナで選びましょうね!

 

 

写真をクリックすると、お客様の声へリンクします。

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら