「結婚指輪の素材って何でもいい!」は間違いです。最も選ばれている◯◯には理由があります!延岡で婚約指輪や結婚指輪をお探しならジュエルミキまでどうぞ!

世界中の皆様

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ジュエルミキのTAKUROです。

 

 

さて。

結婚指輪を選びに来られた方から、

「みんなプラチナで選んでるんですか?」

という質問をよく受けます。

やっぱり多くの方が気になるんでしょうね。

今日は、結婚指輪の素材についてお話しします!

 

 

 

 

結婚指輪の素材

 

 

これはメジャーなものだと、

プラチナかゴールドに分かれます。

細かいところまで言うと、

少数ではありますが、アレルギーフリーのチタンがあったり、

パラジウム製だったり、中にはタングステンを使ったり・・・

その他、多種多様です。

 

 

では、実際に選ばれている素材が、

どれくらいかと言うと

 

 

プラチナ・・・70%

ゴールド・・・20%

その他・・・・10%

 

 

となります。

 

 

調査の結果、

「結婚指輪はプラチナを選んだ」

という人が約70%でした。

その理由は、

 

 

・ゴールドのリングは結婚指輪らしくないイメージ。

・プラチナは無難で男性も抵抗がない。

・耐食性が高く、変色にも強いので、長持ちすると聞いたから。

・いちばん気に入ったデザインのリングがプラチナ素材だったから。

・シンプルな輝きという意味では、プラチナがもっともふさわしいと思う。

 

などと、様々な回答がありましたが、

中でも最も多数の人から得られた回答が、

 

 

「プラチナは丈夫で変質しない、長持ちするから選んだ」

 

 

という内容のものでした。

結婚指輪の素材としてプラチナは優秀な材質なのでしょう。

一生に一度の買い物ですし、肌身離さずに着ける指輪だからこそ、

プラチナは高価ですが、妥協したくないものです。

 

 

ジュエルミキが推奨するブライダルリングのCOLANY(コラニー)は、

「作り手側が作りやすいから」

という一方通行な理由で、多くの結婚指輪に使用されている

プラチナ900よりも1.5倍の硬度を持つ、

 

 

aura Platinum950

(オーラプラチナ950)

 

 

をCOLANY(コラニー)全てのデザインに採用しました。

 

 

 

 

aura Platinum950は、

プラチナ900の指輪と同等の輝きやテリを出すのに、

5倍以上の時間がかかり、

硬度が高いので、通常のプラチナよりも、

加工に手間暇をかけて造られています。

 

 

婚約指輪や結婚指輪などのブライダルリングに、

とても相応しい素材だと言えます。

 

 

 

 

婚約指輪や結婚指輪を探していらっしゃる方、

是非一度、ジュエルミキにてCOLANY(コラニー)を

ご覧になられてみてくださいね!

 

 

写真をクリックすると、お客様の声へリンクします。

 

 

ぜひ一度、ジュエルミキにてご覧になられてみてくださいね!

 

 

 

 

ジュエルミキオーナーのブログはこちら