バラバラ事件・・・拓郎より

ジュエルミキで事件が起こりました。
被害者は、マザーリーフ(無職・性別や年齢は共に不特定)です。

容疑者は、岡村俊子(宝飾業・女性・年齢は秘密)です。

岡村容疑者の供述によると、
「1本だけ育ってたから、これを切ったら他の所からも生えてくると思った」
ということでした。
幸いにも、被害者の命に別状はないということです。
それでは現場の拓郎さんにつなげます。


はい!現場の拓郎です。
犯行は、落ち着いた雰囲気のあるジュエルミキの店内で行われました。
事件当日、居合わせた人数は3名だったそうです。
事件前のマザーリーフの姿は、以下からご覧になれます。
元気な(!?)頃のマザーリーフの姿はこちらからご覧になれます。
元気な(!?)頃のマザーリーフ(少し成長した頃)の姿はこちらからご覧になれます。
マザーリーフがジュエルミキに来たときから、被害者の世話をしていた、
店員のTさん(男性・22歳)の供述では、
「毎日、成長しているのを見るのがとても楽しみでした。
最近、とっても大きくなっていたのでこれから花が咲くんじゃないかな・・・。
と期待していたのに・・・。とても残念な思いをしています。」
ということです。
これからマザーリーフの様子に変化が出てきたら
随時掲載していきます。
現場の拓郎でした。