ハロウィン・・・拓郎より

ジュエルミキの店頭ディスプレイに、
「ハロウィンモデル」が追加されました。

ちょっとショボイ気もしますが・・・。ご容赦下さい。

アップの画像です。上の写真の左側に写っているカボチャは「続きを読む」に載っています!
日本ではあまり馴染みの薄いハロウィンなので、
詳しく知らない方も多いと思います。
僕もあんまり知りません・・・。
ということで、今日はハロウィンについて少し勉強です!


ハロウィンとは、万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、
10月31日に行われます。
もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられたようです。
「万聖節」は、日本ではお盆・お彼岸のようなものをイメージしてもらえば大丈夫だと思います。
過去に亡くなった人が、この日にはよみがえると考えられています。
万聖節=“All Saints’ Day(Hallowmas)”のイヴの日なので
“All Hallow Eve”から“Halloween”になったとも言われています。
ハロウィンになると、欧米諸国では子どもたちが変装している光景が頭に浮かびます。
それは、やってくる死者を遠ざけるために変装させて歩かせるそうです。
仮装した子ども達が近所の人を脅かせ、
お菓子をもらうようになったのは、これが由来のようです。
だから、子ども達の掛け声は
「Trick or treat!」(何かくれないといたずらするぞ!)
なのです。
また、ハロウィンで良く見るカボチャのちょうちんですが、

名前を、「ジャック・オ・ランタン」というそうです。
なぜこのちょうちんに“ジャック”という人の名前がつくようになったのか・・・。
その由来にはいろいろな話がありますが、
一番有名なものとして、
「けちんぼジャック」と呼ばれる男が悪魔を騙したという話があります。
ジャックは死んだ後、地獄の門にたどり着いたのですが、
悪魔との取引のため地獄に落ちることもできず、
明かりをともしたカブを持たされて暗い道を歩き続けることになった
というものから、ジャック・オ・ランタン(ちょうちんのジャック)と呼ばれるようになったそうです。
昔のアイルランドでは、カブや他の植物でちょうちんを作っていたのですが、
アメリカに渡ってカブよりもちょうちん作りに適したかぼちゃと出会って今に至ります。
ジャック・オ・ランタンも悪霊を追い払うためのものでした。
かぼちゃに恐ろしい顔を刻み、その中にろうそくを入れて家の前に置いておくと、
悪い霊を脅して追い払ってくれると信じていたのです。
このオレンジ色したかぼちゃのちょうちんは、
今ではすっかりハロウィンを象徴するキャラクターになっています。
と、簡単ではありますが、読むのも疲れるでしょうからこの辺で終わります^^
皆さんも今年はハロウィンをやってみてはいかがでしょうか?