「もったいない」の原点は江戸時代にあった!・・・拓郎より

今日、お店に来た業者さんがくれた資料に、
とても興味深い記事が載っていました。
それは、今日の人間の在り方をとても考えさせられる内容でした。
全文を紹介すると、すっごく長くなると思うので、
ちょっとずつ紹介します。
今日は、「リサイクル大国~江戸時代~」です。


江戸時代中期、江戸は人口100万人を越える、
世界一の大都市だったそうです。
当時の世界中の大都市は、軒並み環境問題に悩まされていたそうです。
そんな中、以外にも江戸の街だけは
ゴミ一つ落ちていない清潔な都市だったそうです。
何故かと言うと、鎖国中の江戸時代は資源の総量が限られていて、
リサイクルが徹底されていたからだそうです。
米の場合、食べた後に出る排泄物は、
農家が栄養価の高い肥料として買い取り、
脱穀後の藁は「わらじ」などの日用品に。
残った藁クズは燃料にしていた。
燃料にした後の灰も捨てられずに活用されていた。
また、道具類に関しても、普通では捨ててしまうような壊れたものも、
何度も修理して活用したそうです。
それでも使えなくなたものは、リサイクル業者が集めて、再資源化していた。
つまり、江戸時代は全く無駄を生み出さない社会だということになります。
ということでここまでが、「もったいない」の原点は江戸時代にあった!
の第1回になります。皆さん、楽しんで頂けましたでしょうか?
現在の人類は、無意識のうちにモノを無駄にしていると思います。
僕もやっぱりたくさんの面で無駄にしているものってあります。
リサイクルって難しく感じますが、意外と簡単なものなのかもしれないですね!
それでは、第2回もお楽しみに~  ちゃおっっ!