Site Overlay

延岡(南方方面&行縢山)・・・拓郎より

いや~。
延岡ってとこはホントに田舎だね(´Д`)
つくづく思いますわ。
うん。
事実だね。
でもね、都会には無いものいっぱいあるんだね。
うん。
これも事実。


実はね、先日の大雨の後、仕事が休みだったので
中学の頃からの親友A君と
「久々に大自然と触れ合おうよ!ねぇ、恥ずかしがらないでさ。ドライブ」
という、意味も無く長いテーマが付いたドライブへと出かけました。
爽やっぽいテーマの割には、男2人のとてもむさ苦しいドライブでした。
うん。
これも事実。
それで、
延岡の「南方」って地区に行っちゃったわけです。
男2人で。
最初は、
「まぁ、楽しければいいや~」
なんて思っていましたが、
この時の僕は、と言うより、僕とA君は、
驚愕の景色を目の当たりにするなんて夢にも思っていなかった。
一言に南方と言っても、かなりエリアが広いわけでありまして、
どこに行こうかと。
2人で迷った挙句、行縢山(むかばきやま)という標高831mの山へ向かうことに。
車で移動すること15分。
南方エリアへ到着&エリア内へ侵入。
さらに車を走らせ約3分。
見えた。
今回のターゲット。
行縢山って、雄岳と雌岳とに分かれていて、
その2つの峰の中間に滝があるんです。
普段は水がチョロチョロ流れているだけで、
遠目から見ると、その位置があまり分からないんですね。
でも、この日は凄かった。
うん。実に凄かった。


やばし。
真ん中辺りに写っている白い縦の筋が滝。
まさかこんな景色を見るなんて思ってもいなかったので、
デジカメなんて持たず、
2人とも携帯でパシャパシャ撮影。
ズームにしたから画像が荒いっす。
この距離からでも、水が落ちているのが見えて、
「うわっ!すっげ!」
「マジやべぇ」
2人のムサい男、リアルに感動。
そして、
「うは~!」
「ぐおー!」
2人のムサい男、無駄にハシャぐ。
動画でお伝えできれば良かったのですが、
この頃の2人は、もう動画なんてそんなこと頭に無く、
この景色にテンションが上がり、アドレナリンが分泌されていた。
この表現であの時の景色の凄さが少しでもお分かり頂ければ助かります。
そのテンションのまま、「登山口まで行こうか」ということに。
行縢山登山口までの舗装された林道の途中、
沢の音が聞こえ、
ムサい男2人、同時に顔を合わせ、
急停止。
そこには、


神降臨。
写し方が下手なので、
分かりにくいかと思いますが、
1枚目は雪ではなく水です。
間違いなく水が流れているんです。
2枚目は分かりますよね??
でもまぁ、この時の2人は
無駄に流れているアドレナリンのせいで、
それにより無駄に湧き上がるテンションの波を抑えることが精一杯で、
もう写真の写りなんてどうでも良かった。
とにかく、
軽い気持ちで出かけたドライブで、
こんなにもスゴい景色に出会えるなんて。
恐るべし。
かなりキレイでした!
今度またムサく2人でドライブに行ってきます。
ちゃんとデジカメ持って。(´ー`)
ではでは~  ペイっす(-‗-)ノシ

Copyright © 2020 TAKURO BLOG. All Rights Reserved.